· 

目黒と「タケノコ」

目黒といえば「タケノコ」?

目黒は昭和のはじめころまで竹林がいたるところにあり、タケノコの栽培が盛んでした。目黒のタケノコの栽培は江戸時代の寛政期(1789年~1801年)に始まったようです。

 

目黒地域でおこなわれていたタケノコ栽培法は「目黒式」と呼ばれています。これには、地下の竹の根の中からよいものだけを埋め戻して肥料を施す「根埋(ねいけ)」という独特の作業があったのです。根の上にしっかりと土を覆いかぶせて栽培していたので、歯ごたえのある、風味の高いタケノコとなったようです。江戸の人々は初物に目がなかったので、春になると競ってタケノコを食しました。そのためタケノコの値段が高くなり、その時代にぜいたくを禁止していた幕府は、農家に掘り出す期間をお彼岸(今の春分あたり)以降に制限していたそうです。

タケノコ栽培

めぐろ歴史資料館では、昔のタケノコ栽培などに関する資料が展示されています。

写真左にある長いノミとクワは「根埋(ねいけ)」方法で使用する道具です。竹の根はとても深いところにあることがわかります。

手前のカゴは「六角」という、収穫したタケノコを入れるカゴです。

この他にも資料館では、目黒という土地で人々がどのような暮らしをしてきたかをわかりやすく紹介しています。

 

めぐろ歴史資料館

 

皮つきのタケノコ

このようにタケノコ栽培が盛んだった目黒ですが、昭和に入り多くの竹林が切り開かれて宅地となり、今では「すずめのお宿緑地公園」など、その面影を残す程度となりました。

 

そんな目黒にゆかりが深い「タケノコ」には、定番のタケノコご飯、煮物以外にいろいろな食べ方があります。皮付きのものを1本買って、ゆでるところからチャレンジしてみませんか?

 

 

 

※下のほうの赤いツブツブが多いと、アクも強いといわれています。少ないものを選びましょう。

タケノコのゆで方

タケノコのゆで方

① タケノコの穂先を斜めに切って皮の部分に切込みを入れます。

タケノコがかぶるくらいに水とひとつまみのぬか(ぬかがなければ、生のお米やとぎ汁で代用できます)と唐辛子1本を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にしてアクを丁寧に取りながら30分間から1時間ほどゆでます。写真は約1kgのタケノコを30分間ほど火にかけました。

保温の仕方

② 火を止めたらバスタオルと新聞紙に包んでダンボールに入れて密封しておけば余熱で充分にやわらかくなります。コンロについていなくてもOK、またエネルギーの節約にもなります。

ゆでタケノコ

③ 温かいうちに水にあてるとアクが残るだけでなく、タケノコが縮んだり、割れたりすることがあります。


丸ごと一本使いきり

ゆでタケノコラインイラスト

 

 

穂先は柔らかいので、和えものやスープの具に。

 

 

 

中央部は炊き込みごはん、炒めものに。

 

 

 

根元は歯ごたえがあるので、煮物やてんぷらに。


エコなパッケージ!「竹の皮」

おにぎりを弁当箱に入れたり、ラップに包むと海苔が剥がれたり、食べるときに指についたりしませんか?

海苔を別に持っていくと、そこでまたラップを使うなど手間と無駄がでてしまいますね。

それが竹の皮に包むと、どうでしょう!おにぎりのしっとり感はそのままに、でも海苔がべっちょりすることなく海苔離れがよいのです。竹の皮は空気を通し、水を通しにくい性質があります。更に、竹の皮には昔から抗菌作用があると言われているため、食材を包んで持ち運ぶのに最適です。

しかもこの竹の皮、洗って水気をふき取って陰干しすれば、何度でも使えるエコなパッケージなのです!

おにぎりだけでなく、チマキ、和菓子作りにも利用できます。キッチン雑貨を扱うお店やパッケージ店で販売しているので試してみてはいかがでしょうか?

タケノコの皮で包む

端を少し裂いて、十字に包んで結びます。

竹の皮でおにぎりを包む

包みを開けると、海苔の香りがしておいしそう!

お花見のお供に。


1つでこんなに活用できるエコな食材タケノコ。この時期だけの香りと風味を味わってみませんか?