· 

エアコン暖房に加湿器をプラスしてエコにも健康にも効果あり!

いよいよ寒さもピーク。暖房の主役は多くの家庭でエアコンですよね。

でも、「エアコンの暖房は部屋が乾燥して苦手」と感じているかたも少なくないようです。

確かに、石油ストーブやガスファンヒーターなどは燃焼によって水蒸気が発生するのであまり乾燥しません。しかしエアコン暖房では部屋の温度が高まるにつれ湿度は逆に低下します。

温度と湿度のバランスをとって快適に

人は、冬だと室温20℃前後、室内湿度が40~60%程度が快適に感じるとされています。冬場の乾燥しすぎはのどや鼻が乾燥したり、肌荒れの原因にもなります。また湿度が40%未満だとインフルエンザウイルスの生存率を高めてしまうので、適度な湿度を保つことは健康上も重要です。さらに加湿によって体感温度も高まり、エアコンの設定温度も下げることもできるので省エネにつながります。このようにエアコン暖房に加湿器をプラスして快適に過ごす工夫をしましょう。

加湿器の電気代が高くなるのでは?

加湿器には電熱で水を暖める「蒸気式」、電熱を利用しない「気化式」「超音波式」とその両方の機能を持つ「ハイブリッド式」があります。ここでは、消費電力の最も少ない「気化式加湿器」を例に電気代について考えてみましょう。

エアコン

エアコン(消費電力480W/h)を12時間使用すると、1日あたりの電気料は約156円(月額4,680円)

加湿器

気化式加湿器(消費電力10.5W/h)も12時間使用すると、1日あたりの電気料は約4円(月額120円)


※1kWhあたり27円(税込)(公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価)として算出

両方合わせた1日あたりの電気料は合計160円。月額では4,800円です。

しかし、エアコンの暖房時消費電力は設定温度を1度下げることによって10%程度節約できますので、加湿器の利用によって体感温度が上がることでエアコンの設定温度を1度下げるとエアコンの電気料は、1日あたり約140円に下がります。

加湿器を併用すると、両方合わせた1日当たり合計電気料は約144円になります。月額では約4,320円です。エアコンだけを使う電気料よりも健康にも良く経済的です。

※加湿器の方式によっては電気料が高くなる場合もあります。

暖房機器の組み合わせと使い方を工夫して、エコで健康に冬を乗り切りましょう

参考:「省エネカタログ2019」、「電気かんり東京」、国民生活センター、「みんなで節電アクション!」(環境省)