· 

尾鷲(おわせ)ヒノキの間伐材から生まれた「へむへむ」って!?

「へむへむ」とは尾鷲ヒノキの間伐材からできた「ひのきのたわし」です。

使い方はとっても簡単!

洗剤不要・かびないので天日干し不要、使った後は軽く絞ってそのまま置くだけ。

水を含ませた「へむへむ」で食器を洗います。洗う前にぼろ布などで食器の汚れをざっと拭き取っておくと排水の汚れをより軽減できます。

クタクタになった「へむへむ」は意外と細かい部分が洗いやすいので新旧併用がおすすめ。古くなったらお風呂洗い、シンク洗い・排水溝洗いに使ってください。

今、生活排水や工業排水に流れ込んだマイクロプラスチックによる海洋汚染が話題になっています。みなさんもキッチンのたわしを見直してみませんか?

触り心地がへむへむっ~て感じからつけられたとか
触り心地がへむへむっ~て感じからつけられたとか
へむへむ 台所
使い終わったら最後は土の中へ…自然に還る消耗品です。

尾鷲(おわせ)ヒノキって?

尾鷲ヒノキは急峻な地形とやせた土地という厳しい条件の中でゆっくりと長い年月をかけて育つため、年輪が緻密で油分が多く、光沢があります。「カジノール」という成分が多く含まれ抗菌性にも優れています。

また、苗木を植えてから立派な木材となるまでに100年かかりますが、木を利用しながら森を維持する「緑の管理サイクル」が実践されています。2017年に日本農業遺産第一号に選ばれました。

ecoライフライター あずき