実践わたし流!!

実践わたし流!! · 2020/05/18
去年植物を育てて冬の間ほっておいた土は、すっかりカチカチになっていました!! そこで、またその土を活かして植物を育てることを楽しもう!と考え、土の再生に挑戦してみました。...
実践わたし流!! · 2020/05/18
巣篭もり生活の中、食事が1番の楽しみです。毎日3食作っていますが、たまにはラクして美味しい物を食べたい! そこで、近所の飲食店にお持ち帰りのお弁当をお願いしました。 使い捨て容器も気になるので、勇気を出してマイ容器の持参をしたところ、快く承諾!綺麗に詰めてくれました。...

実践わたし流!! · 2020/04/21
私の一生ものは父から譲り受けた腕時計です。高校生の時に父にせがんで貰ったSEIKOの金張りで薄型の手巻き式腕時計です。私が生まれる前に父が購入した物なので、当時ですでに15年程使っていたはずです。現在のようにファッションに合わせて気軽にいくつも腕時計を持つような時代ではなく、大事に手入れをしながら使ってきた物だったと思います。高校生になり身なりに気を使い始めていた私は、中学入学祝いで貰ったデジタル時計ではなく父が身に着けていた金色で皮ベルトの時計が気になっていました。父からは機械式の手巻き時計はデジタル時計のように電池を入れ替えるだけではなく、定期的に時計屋さんでメンテナンスが必要で、それが出来るなら譲ると言われました。 その後、自分でも何本か腕時計を購入して譲り受けた時計を何年も使わなかった時期もありますが、年齢を重ねて再び使おうと思ったときにメンテナンスをする時計屋さんが見当たらないことに気づきました。SEIKOでは古い時計のメンテナンスは部品がないと受け付けてもらえず、途方に暮れていたところ、十数年前偶然ある駅の商店街で個人経営の時計店を見つけました。以来、その店で二回メンテナンスを受けました。数年前にそろそろメンテナンスをしようと訪れたところ、店はなくなっていました。店主が高齢なため廃業したようです。今もメンテナンスが必要な状態ですが恐る恐る使っています。五十年以上前に製造された時計ですが、今後もメンテナンスをしてくれる時計店を見つけ、手入れをしながら使い続けたいと思います。 あなろぐ好き
実践わたし流!! · 2020/04/21
私の退職祝いに夫が描いてくれた手描き友禅の帯。題して「目出鯛」。初めて締めたのは大勢の方が祝ってくださった退職パーティーの時。私から皆さまにお礼の意味を込めて、ご披露させていただきました。 祖母が大切にしていた昔の黄八丈と合わせると、過去から現在まで、様々な時間が繋がり、また銀座木挽町に足が向きます。 歌舞伎が大好き!...

実践わたし流!! · 2020/04/20
私の一生モノは、かき氷機です。愛称は「キュッキュちゃん」 実家の父が、丸い目の顔が生まれて半年の孫(私の息子)にそっくりだからと、買ってきました。 あれから40数年。いまだ現役です。 酷暑、猛暑に対抗する、エコで安上がりなかき氷を毎年、「キュッキュ」と鳴きながら作りだしてくれます。 祐天寺ecoちゃん
実践わたし流!! · 2020/04/09
キッチンペーパーをおりがみのように折ってマスクを作ることができます。耳のゴムは、使い捨てマスクを耳の部分カットして再利用します。ご自分のものでしたら、カットソーの袖や靴下、ストッキングなど伸びる素材を輪切りして工夫するのもよいでしょう。

実践わたし流!! · 2020/04/03
終息が見えない新型肺炎コロナウイルスの影響で手持ちのマスクが少なくなり、お困りの方へ。お子さんと一緒に作れるマスクをご紹介します。飛沫予防や咳エチケットのために活用ください。出来あがると、気持ちが明るくなりますよ。
実践わたし流!! · 2020/03/26
今から数十年前、まだ現役の時ですが赴任していたアンゴラ共和国および南アフリカ共和国より帰任する時のことです。ヨハネスブルグ国際空港内のアフリカン製品(商品)のお土産売り場に鎮座していた彼(木彫りの置物)が目に入り、目と目が合って、何故か「日本に連れて行って」と言っているようで衝動的に購入しました。空港内の免税店での購入であったので手荷物として機内に持ち込むこととなり、大きすぎて置く場所がなくキャビンアテンダントに大変な迷惑をかけた記憶がよみがえりました。 当時の南アフリカ航空はヨハネスブルグ~香港間での運行であったため、香港で乗り継ぎ、彼は延々30時間以上の長旅を私の足元で静かにすごし東京(羽田)に到着。運んだ私は大変疲れましたが、彼は疲れを知りませんでした。我が家の玄関が彼の住まいとなりしました。家族は出かける時、彼に「行ってきまぁ~す」と声を掛け、帰宅すると「ただいまぁ~」ということが習慣となり、現在まで続いています。彼はその度に笑顔で対応?してくれている。彼は歳を取りません。私は彼をたまにウェットタオルで埃を取って、さっぱりさせてあげています。色艶もよく、元気そのものです。 本年(2020年)のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が始まりましたが、我が家には数十年前から「キリンが来た!」です。そうです、その彼とは木製の置物のGiraffe(キリン)です。その大きさは高さ1.5mあります。私にとっては多くのコレクションの中で一番大きい置物で私の一生モノです。読者の各位に時間があれば、アフリカの最南端の国、南アフリカ共和国生まれのGiraffe(キリン)に会いに、我が家に来ませんか?彼は木製の置物ですので噛み付きませんので、念の為! Ga~o? 投稿者 目黒の彦左衛門

実践わたし流!! · 2020/03/24
この大きな琺瑯(ほうろう)の鍋は60年ほど前、母が結婚するときに伯母からいただいたものです。 私の実家では祖父母も同居していたので、カレーやシチューのときは、この鍋で沢山作っていました。私は母が作るホワイトシチューが大好きだったので、学校から帰ってきてこの鍋がコンロにかかっていると嬉しかったのを覚えています。...
実践わたし流!! · 2020/03/17
我が家の和室の隅に「文机」があります。その上に並ぶ一昔前の小物と相まって「昭和」の雰囲気を醸し出しています。50年ほど昔、木製家具好きの父が買ったものですが、父が使っているところを見た記憶はあまりありません。...

さらに表示する