記事一覧

記事一覧 · 2021/09/01
目黒区美術館で「包む―日本の伝統パッケージ」展を見ました。日本のアートディレクター、グラフィックデザイナーの草分けであった岡秀行氏から寄贈された日本に古くから伝わる伝統的なパッケージデザインのコレクションです。
記事一覧 · 2021/08/06
蒸れて臭いの発生しやすい季節、さわやかな香り漂うアロマジェルポットを手作りしてみませんか。 使わなくなった保冷剤と空き容器を利用して簡単に手作りできるということで、中目黒のアロマスクール「ラグジューム」の香菜恵さんに教えていただきました。

ごみ削減のため、街のなかで循環させたい:ONIBUS COFFEE
記事一覧 · 2021/08/03
都内に4店舗、目黒区内に八雲と中目黒に出店しているONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)。 ONIBUS COFFEEの名前の由来は、ポルトガル語のONIBUS、「公共バス」からきています。バス停からバス停へ、人と人をつなぐ場所でありたい、日常に溶け込んだ一杯を提供したいとの思いから名付けられたそうです。...
記事一覧 · 2021/07/13
ecoライフライターの阿多田海蔵です。...

記事一覧 · 2021/07/12
プラスチック対策としてレジ袋有料化が始まり、かなり定着してきたように感じられますが、毎週資源回収の集積場を見るとあまり減った感じはしませんね。 日本のプラスチックごみ排出量は米国に次ぐワースト2、年間一人32Kg(国連環境計画)だそうです。 そこで、果たして我が家からはどれくらいのプラスチックが排出されているのか調べてみました!
記事一覧 · 2021/06/28
週に一度は、冷蔵庫のリセットのため、残っている野菜を使い切って具だくさんの野菜スープを作ってみませんか。 このスープは他の料理何品にもリメイクできるようにシンプルな味付です。 リメイクの際は、汁と具を分けて使うのがポイントで、分けることで料理のバリエーションが広がります。...

記事一覧 · 2021/06/23
ecoライフライターの阿多田海蔵です。私は、目黒区の目黒区エコプラザが行っている環境推進員養成講座の修了者のグループ「fun to shareめぐろ笑エネトライ」に所属していました。このグループの活動の柱の一つが、電気・ガス・水道の使用量から二酸化炭素排出量を算出し、無理なく楽しく省エネを行うという活動です。
記事一覧 · 2021/05/24
古着回収をおこなう業者のヤード

「江戸」衣のサステナビリティ②
記事一覧 · 2021/05/24
現代の日本では、家庭で不要になった服の7割弱がそのまま廃棄され、3割ほどが再び古着として利用されているそうです。この古着は、国内でも再利用されますが、多くがアジア各国へ輸出されています。輸入国では安価な衣類が手に入り、輸出する日本側は利益を得て処分できるグローバルなリユースが経済の仕組みの中で達成されているわけです。...
記事一覧 · 2021/05/10
気温や湿度が上昇してくると気になるのが臭い。 下駄箱にある靴、水回りのほか、洗濯物を部屋干しする室内などは、特に臭いが気になります。 加えて、家庭で自然発生したいろいろな臭いが交じり合った生活臭は、家族より遊びに来たお客様が不快に思うことがあるかもしれません。

さらに表示する