記事一覧

記事一覧 · 2022/09/27
フードロスという言葉が社会問題として顕在化して随分月日がたちました。意識も実態も改善されてきているとは思いますが、まだまだ“ロス”は大きいと感じます。そんな中、パンの販売で“フードロス・ゼロ”を続けているパン屋さんが目黒区内にあります。それは都立大学駅からほど近い雑居ビルにある『ぱん工場 寛(ひろ)』で、経営者は田中朋広さん(55歳)。
圧力鍋を活用し「かぼちゃ丸ごと使い切り料理」
記事一覧 · 2022/09/22
かぼちゃは果肉がおいしいだけでなく、捨ててしまう方が多いワタや種にも身体に嬉しい栄養素がたくさん含まれています。 圧力鍋を活用した時短調理で省エネルギーを意識しつつ、蒸したかぼちゃ丸ごと1個を利用して4品作ってみましょう。 果肉、皮、ワタや種まで余すことなく使い切る、エコでおいしい簡単レシピをご紹介します。

記事一覧 · 2022/08/30
スーパーなどで購入した卵には賞味期限が表示されています。「これは食べ切らないと!」と慌てて巨大オムレツを作ったり、ゆで卵を大量に作りタルタルソースにしたりと使い切るために苦労した経験はありませんか?そして、使い切れなかった賞味期限切れの卵を「ポイッ」と捨てていませんか?そこで日本卵業協会の小坂裕一さんに卵の賞味期限や正しい保存方法などについて伺いました。
記事一覧 · 2022/08/29
目黒区消費生活センターの「おもちゃの病院」を訪ねて話をお聞きしました。この「おもちゃの病院」が開設されたのは昭和52年。以来45年間、ボランティアのドクターに支えられて、子どもたちのおもちゃの治療を続けています。 ※修理件数は令和3年度までで29,477件

食品ロスを減らしたい!
記事一覧 · 2022/07/08
身近な環境問題なのにあまり話題にならないなぁと思っているもののひとつに「食品ロス問題」があります。食品関係のお店で働く方に聞くと、いつでも買えるように品ぞろえを欠かさないことが優先され、結果として売れ残りが発生、そして廃棄! ということが当たり前のように行われているとか。我が国では家庭から約247万t、事業者から約275万t、合わせて年間約522万t(※)もの食品が廃棄されているそうです。 驚くような数字ですが、廃棄間近の食品のみを販売するお店があり、期限直前の肉、乳製品、野菜、果物などをリーズナブルな価格で購入できると聞き、訪ねてみました。 ※令和2年・農水省推
記事一覧 · 2022/07/01
一度使って冷蔵庫で保存した調味料が気付いた時には賞味期限切れで後悔した・・・。そんな経験ありませんか?

記事一覧 · 2022/06/30
「エシカル消費」のきっかけの場所。私たちの選ぶもので、自分の人生や自分が暮らす世界を変えていけるかもしれない・・・。
傘のシェアリングサービス活用で、使い捨てされる傘をゼロに
記事一覧 · 2022/06/27
出先で急に雨に降られたとき、ついビニール傘を買ってしまい、家にビニール傘が溜まってしまったり、使い捨てしまったりしたことはありませんか。日本で消費されるビニール傘は年間に約8千万本(※1)にもなり、日本は世界一ビニール傘を消費する国とか。ビニール傘を使い捨てすれば、製造から廃棄までにCO₂が発生するほか、ごみを増やすことになります。...

feather
記事一覧 · 2022/05/06
ダウンジャケット、羽毛布団など、私たちの生活にあたたかさをプラスしてくれる羽毛(ダウン)ですが、使わなくなったものはどうされていますか? ダウジャケットならリサイクルショップに持って行ったり、人に譲ったりもできますが、羽毛布団はそうもいきません。...
記事一覧 · 2022/05/02
今、若い人の間では古着ブームが起きています。 特に原宿や下北沢には、古着屋が新しくオープンしています。 その利用者のほとんどは10代20代の若者たちで、その安さと昭和レトロなファッションが人気の理由となっています。

さらに表示する