· 

自転車天国!デンマーク

先日、北欧の都市をいくつか巡ってきました。どこの街も通勤電車・トラム(路面電車)・バスなどが整備されておりその分自動車の比率が少ないように感じました。そして特徴的なのが自転車!自転車で通勤・通学をする人が大勢いました。

中でもデンマークのコペンハーゲンでは驚くほどたくさんの自転車が移動手段として使われていました。

現地の方の話では、大体1人1台位の普及率で、通勤・通学者の約40%が自転車を利用しているとか。 デンマークには2025年までに自転車通勤・通学率を50%に引き上げる目標がありそのため街の中の環境整備をしていて、現在350kmを超える専用道があるそうです。

自転車専用道
広い!自転車専用道
朝の通勤風景
朝の通勤風景

街の中を歩いてみると車道と歩道の間に「自転車道」があり、それは歩道と同じくらいの幅があってしかも車道とは完全に分離されている場所もあります。このため恐い思いをして車道を走ることもありません。みんな交通ルールをきちんと守って走っています。

駐輪施設も街のあちこちにあり整然と置かれていました。なんと電車にも自転車を積み込める車両があります。家から駅まで自転車で、電車に乗ってまた職場まで自転車なんていうことができちゃいます。

街中の駐輪
街中の駐輪
電車
自転車を持ち込める電車

なぜこんなに自転車が?と調べてみたら、デンマークはほぼ真っ平らな国土(最高地点で標高約170m!)、非常に高い自動車登録税(車体価格の180%!)という特別な条件がありました。また、健康面の効果があり医療費削減に繋がるという国の考え方もあるそうです。

デンマークとは事情が異なりますが東京のように人と建物が密集した場所では、小さな車体で街の中をスイスイ走れて温室効果ガスも全くでない自転車がやっぱり一番すぐれた移動手段だ!と再認識、もっとインフラ整備が必要ですね。

ecoライフライター せいめいくん