実践わたし流!! · 2020/03/26
今から数十年前、まだ現役の時ですが赴任していたアンゴラ共和国および南アフリカ共和国より帰任する時のことです。ヨハネスブルグ国際空港内のアフリカン製品(商品)のお土産売り場に鎮座していた彼(木彫りの置物)が目に入り、目と目が合って、何故か「日本に連れて行って」と言っているようで衝動的に購入しました。空港内の免税店での購入であったので手荷物として機内に持ち込むこととなり、大きすぎて置く場所がなくキャビンアテンダントに大変な迷惑をかけた記憶がよみがえりました。 当時の南アフリカ航空はヨハネスブルグ~香港間での運行であったため、香港で乗り継ぎ、彼は延々30時間以上の長旅を私の足元で静かにすごし東京(羽田)に到着。運んだ私は大変疲れましたが、彼は疲れを知りませんでした。我が家の玄関が彼の住まいとなりしました。家族は出かける時、彼に「行ってきまぁ~す」と声を掛け、帰宅すると「ただいまぁ~」ということが習慣となり、現在まで続いています。彼はその度に笑顔で対応?してくれている。彼は歳を取りません。私は彼をたまにウェットタオルで埃を取って、さっぱりさせてあげています。色艶もよく、元気そのものです。 本年(2020年)のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が始まりましたが、我が家には数十年前から「キリンが来た!」です。そうです、その彼とは木製の置物のGiraffe(キリン)です。その大きさは高さ1.5mあります。私にとっては多くのコレクションの中で一番大きい置物で私の一生モノです。読者の各位に時間があれば、アフリカの最南端の国、南アフリカ共和国生まれのGiraffe(キリン)に会いに、我が家に来ませんか?彼は木製の置物ですので噛み付きませんので、念の為! Ga~o? 投稿者 目黒の彦左衛門
記事一覧 · 2020/03/26
「自家製カッテージチーズでアイデア料理①」に掲載のカッテージチーズを牛乳500mlで作った際にできたホエー(乳清)約400mlで、2品の料理を作りました。 ホエーは体に吸収されやすい水溶性のたんぱく質やミネラル、ビタミンなど栄養も豊富なので無駄なく利用しましょう。

記事一覧 · 2020/03/25
牛乳と酢だけでカッテージチーズが簡単に作ることができます。 サラダにまぜたり、果物とあえてデザートにしたり、くせのない優しい味わいのカッテージチーズで楽しく料理を創作しましょう。カッテージチーズのしぼり汁(乳清=ホエー)も乳酸菌や栄養が豊富ですので、捨てずに料理に活かします。
実践わたし流!! · 2020/03/24
この大きな琺瑯(ほうろう)の鍋は60年ほど前、母が結婚するときに伯母からいただいたものです。 私の実家では祖父母も同居していたので、カレーやシチューのときは、この鍋で沢山作っていました。私は母が作るホワイトシチューが大好きだったので、学校から帰ってきてこの鍋がコンロにかかっていると嬉しかったのを覚えています。...

実践わたし流!! · 2020/03/17
我が家の和室の隅に「文机」があります。その上に並ぶ一昔前の小物と相まって「昭和」の雰囲気を醸し出しています。50年ほど昔、木製家具好きの父が買ったものですが、父が使っているところを見た記憶はあまりありません。...
実践わたし流!! · 2020/03/13
我が家の庭はさほど広くないので“緑をふやしたい”と思うたびに家の通路に鉢植えを並べてきていたところ、いつしか40鉢を数えるようになってしまいました。中には息子の大学の文化祭で買ってきたエレガンテシアや妻が園芸高校の講座の教材で育てたツツジなど思い出深いものがいくつかありますが、最古参はカポック。この鉢は38年前に私の許に届けられたもので、送り主はな・ん・とあの西城秀樹さん。脱サラをしてレコード店を開業した折に、それまで芸能界にかかわる仕事をしていたために開店祝いとしてくださいました。長い間店に置かれていましたが、歌や音楽の楽しみ方がレコードやCDを購入する時代からインターネットでという時代へと変遷していったため店は閉店。しかし、このカポックは、その後も私と共に歩んでいて、今では家の玄関に堂々と鎮座しています。いつお会いしてもやさしかった西城秀樹さん亡きあとは、水やりの折に時々「西城秀樹さん」と声をかけたりもしています。 たった一言 されど一言

記事一覧 · 2020/03/10
光の当たる窓辺などに置いて再生野菜(リボベジ)を育て、春の香りを楽しみませんか! 再生野菜とは、野菜の根と株元やヘタを残して、水耕栽培した野菜です。根やヘタをごみとして捨ててしまわずに、容器に入れて毎日水を替え、野菜の成長を楽しみます。 ※水は最低1日1回替えて下さい。使う際には必ず加熱し、生食は避けましょう。 (参考リンク...
実践わたし流!! · 2020/03/09
革ジャンが結構好きで何着かもっています。一番古いのは多分10数年前、仕事に行く時にブレザー代わりに着てもいいかな?と思い導入したものです。昔から憧れがあり、スーツ・ブレザーの生活も終わりに近づいたのでちょっと冒険しました。それでもネクタイに合うようにと割とおとなしいものにしました。これが結構はまって翌年にもう1着。この2着は毎年冬の定番で7、8年着ていました。 退職後まったくフリーになったところで、「本格的」な革ジャンを導入したので以前の2着は出番がほとんどなくなりました。・・・と思っていたらなんと息子が着ているじゃあありませんか!それも自分が着ていたころと同じようにネクタイスタイルに合せています。改めて見るとあんなによく着たのに綺麗な状態のまま、若干年季が入ってより素敵な感じ。このまままた何十年か着てくれるといいなあと思っています。今自分が着ているものは本格的=ちょっと派手っぽいのでまだ現役仕事人の息子が引き継ぐには早いかもですが、いずれこれも着てくれるかな、そして孫の世代まで引き継がれると嬉しいな!! 巷には今流行中のデザインやブランドが溢れていますが、そんな中で革ジャンは、オーソドックスなスタイルで素材の良い物を選べば、何十年にもわたって着ることが出来ますし、多少傷んでもそれが味になります。世代を越えて着継がれるものって素敵ですね!! 不学堂主人

実践わたし流!! · 2020/03/05
私の一生モノは銅製の卵焼き器です。家族が減って卵焼きを焼かなくなったと、15年前実家の母から譲り受けました。銅は熱伝導率が良いらしく、均等に焼ける優れもので、ふんわり仕上がります。子どもたちが幼稚園や高校時代のお弁当作りに大活躍!現在、子どもも成長し卵焼き器の出番が減りましたが、投稿のため久しぶりに卵焼きを作ると、朝から家族のテンションが上がりました。これからまた出番が増えそうです。 投稿:目黒区A.Mさん
実践わたし流!! · 2020/03/02
日記を書いている時、30数年間使い続けている万年筆にふと眼がいき、過去の思い出がよみがえった。...

さらに表示する