· 

私の一生モノ⑤ 「カポック」

我が家の庭はさほど広くないので“緑をふやしたい”と思うたびに家の通路に鉢植えを並べてきていたところ、いつしか40鉢を数えるようになってしまいました。中には息子の大学の文化祭で買ってきたエレガンテシアや妻が園芸高校の講座の教材で育てたツツジなど思い出深いものがいくつかありますが、最古参はカポック。この鉢は38年前に私の許に届けられたもので、送り主はな・ん・とあの西城秀樹さん。脱サラをしてレコード店を開業した折に、それまで芸能界にかかわる仕事をしていたために開店祝いとしてくださいました。長い間店に置かれていましたが、歌や音楽の楽しみ方がレコードやCDを購入する時代からインターネットでという時代へと変遷していったため店は閉店。しかし、このカポックは、その後も私と共に歩んでいて、今では家の玄関に堂々と鎮座しています。いつお会いしてもやさしかった西城秀樹さん亡きあとは、水やりの折に時々「西城秀樹さん」と声をかけたりもしています。

たった一言 されど一言