· 

私の一生モノ!⑥ 「父の机」

我が家の和室の隅に「文机」があります。その上に並ぶ一昔前の小物と相まって「昭和」の雰囲気を醸し出しています。50年ほど昔、木製家具好きの父が買ったものですが、父が使っているところを見た記憶はあまりありません。

父が亡くなった後、母はこの机で習字の練習をしていました。そして、母が亡くなった今、机を引き継いだ私はここで何かを書いたりすることはほとんど無く、使ったとしてもパソコンを置いて作業する程度です。その代わり何となく集めた昭和っぽい物を並べて、「作家の机みたいだなあ」と悦に入っています。机に頬杖をついて、障子に映る木漏れ日を見ながらボーッとしていると文豪気分!そこには、昔どうしても欲しくて無理して買ったチョッピリ高級な万年筆もあるので、何とかこれで文章を書きたいなあと思うこの頃です。

父から母そして私と引き継がれてきた文机、息子もたまにパソコンの作業用などに使っているようなので、そのうち引き継いでくれることでしょう。

不学堂主人