· 

SDGsのすごろくやってみた

7月の4連休、家族との夏旅行を楽しみにしていましたが、コロナ禍で東京都知事から不要不急の外出自粛要請があり、家でおとなしく引きこもっていることにしました。

小学5年生の娘は、外で友達とも遊べず、暇を持て余していました。

トランプやテレビゲームなど家族で楽しめる室内ゲームをやっていましたが、やがて飽きてしまいます。

そこで国連のホームページで見つけたSDGsが学べるすごろく「ゴー・ゴールズ」が子どもの勉強にもなり楽しめると思い、早速ダウンロードしてみました。

 

印刷したゲームで使用するカードを切り抜き、サイコロ、コマを型抜きして張り合わせます。コマには家族の顔などを描き好きな色を塗りました。

 


準備ができたのでゲームスタートです。サイコロを振り、出た目の数だけ進みます。早くゴールした人が優勝です。

途中17か所にSDGsのターゲットマークがあり、そこに停まるとカードを引いて質問に答えます。正解すると1コマ進め、間違えると進めません。 

 

カードに書かれている質問に娘は、学校で習ったことやニュースで聞いたことなど思い出し、答えを探していました。 質問が難しいものなどは家族で話をしながら答えを導き出しました。ゲームが終わり「自分たちが今できること」について話し合いました。

 

娘には新たな発見が生まれ、親は社会問題を再確認することができ、有意義な時間を過ごすことができたすごろくでした。

 

 

 


 

 

上目のノブ

 

参考:国際連合広報センター「すごろくでSDGsを学ぼう