· 

手作りみつろうキャンドルで「キャンドルナイト」

「キャンドルナイト」をご存じですか?2001年にカナダで行われた「自主停電運動」をきっかけに、夏至、冬至の夜、8時から10時までの2時間、電気を消してロウソクの灯りの下、思い思いの時間を過ごそうという世界的なムーブメントです。

日本でも2003年から「100万人のキャンドルナイト」が実施され、街中にキャンドルが灯されたり、音楽ライブで行われるなど、各地でイベントが開催されます。

 

2020年の夏至は6月21日、コロナ禍での「キャンドルナイト」です。キャンドルを自然素材のみつろうで作って、自宅でゆったりとスローな時間を過ごしてませんか?

 

みつろうキャンドルの作り方

みつろうは湯煎で溶かして型に入れて作ります。ここでは卵の殻を利用して作る「たまご型キャンドル」の作り方を紹介します。卵型なので底が平らでなく自立しないため、キャンドルホルダーなどで安定させて使用してください。

【用意するもの】

蜜蝋(みつろう)・・・100グラム

タコ糸・・・50センチくらい

ホットプレート

片手鍋

耐熱容器(ジャムの瓶、空き缶など)

卵の殻(4個分)

卵のパック

クッキングシート

軍手

木製洗濯ばさみ(なければ割り箸)

キャンドルの入れ物(耐熱性のガラス容器・ブリキ缶など)


【作り方】

① 鍋に沸騰したお湯をいれ、中くらいの温度に温めたホットプレートの上に置き、保温する。

 

② みつろうを入れた耐熱容器を鍋のお湯に入れ湯煎し、みつろうを溶かします。

 

③ ②にタコ糸を1分くらい漬けます。

 

④ ③をクッキングシートの上で伸ばし、卵の殻の高さより数センチ程度長めにカットします。

 

⑤ 卵のパックに卵の殻を置き、芯を入れ、②を流し込みます。その際、熱いので軍手を使用します。

 

 

⑥ 芯が中央にくるように、洗濯ばさみで固定します。

 

⑦ みつろうが固まったら、卵の殻をきれいに取り除きます。

 (粗熱が取れたら冷凍庫で冷やすと外しやすくなります。)

 みつろうキャンドルに火を灯すと甘い蜜の香りがします。また、市販のキャンドルに比べて煤が出にくいのも特徴です。

やさしい香りと光に癒される2時間の「キャンドルナイト」。大切な人とおしゃべりしたり、本を読んだり、地球の未来に思いを馳せるのもいいですね。

 

※キャンドルの使用中は下記の注意をお願いします(火の扱いには十分注意しましょう)

・火がついているときは、キャンドルの側から離れないようにしましょう

・溶けたみつろうは高温になっています。直接触らないようにしましょう

・キャンドルの容器には不燃性、耐熱性のものを使用しましょう

・水平な場所に置きましょう

・燃えやすい物がある場所で着火はやめましょう

・使用後は消火を確認しましょう

・お子さんの手の届かない所に置きましょう

・風があたる場所に置くのはやめましょう

環境省では、2003年から地球温暖化防止のため、ライトアップしている施設や家庭の照明を消していただく呼びかけ「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を6月21日からクールアース・デー「みんなが地球を想う日」(G8洞爺湖サミットが開催された)の7月7日までの17日間実施しています。地球環境の大切さについてみなさんで考えてみましょう。