カテゴリ:たべる



記事一覧 · 2022/09/27
フードロスという言葉が社会問題として顕在化して随分月日がたちました。意識も実態も改善されてきているとは思いますが、まだまだ“ロス”は大きいと感じます。そんな中、パンの販売で“フードロス・ゼロ”を続けているパン屋さんが目黒区内にあります。それは都立大学駅からほど近い雑居ビルにある『ぱん工場 寛(ひろ)』で、経営者は田中朋広さん(55歳)。
圧力鍋を活用し「かぼちゃ丸ごと使い切り料理」
記事一覧 · 2022/09/22
かぼちゃは果肉がおいしいだけでなく、捨ててしまう方が多いワタや種にも身体に嬉しい栄養素がたくさん含まれています。 圧力鍋を活用した時短調理で省エネルギーを意識しつつ、蒸したかぼちゃ丸ごと1個を利用して4品作ってみましょう。 果肉、皮、ワタや種まで余すことなく使い切る、エコでおいしい簡単レシピをご紹介します。

食品ロスを減らしたい!
記事一覧 · 2022/07/08
身近な環境問題なのにあまり話題にならないなぁと思っているもののひとつに「食品ロス問題」があります。食品関係のお店で働く方に聞くと、いつでも買えるように品ぞろえを欠かさないことが優先され、結果として売れ残りが発生、そして廃棄! ということが当たり前のように行われているとか。我が国では家庭から約247万t、事業者から約275万t、合わせて年間約522万t(※)もの食品が廃棄されているそうです。 驚くような数字ですが、廃棄間近の食品のみを販売するお店があり、期限直前の肉、乳製品、野菜、果物などをリーズナブルな価格で購入できると聞き、訪ねてみました。 ※令和2年・農水省推
記事一覧 · 2022/07/01
一度使って冷蔵庫で保存した調味料が気付いた時には賞味期限切れで後悔した・・・。そんな経験ありませんか?

記事一覧 · 2022/04/05
シチューやスープなどを温かいまま食べることができるスープジャー、大変便利です。 でも、保温の為だけの「容器」として使っていてはもったいない!! その高い保温力を活かして、保温しながら具材に熱を通す「保温調理」もできます。ふたをしっかり閉めて密封させることで熱さが保たれ調理ができるのです。時短で手軽なエコな調理法です。...
記事一覧 · 2021/12/13
大豆ミート(代替肉)は、大豆などの植物からタンパク質を取り出し、繊維状や粒状にして肉に近い食感に仕上げた食品素材です。地球環境の持続可能性を考えると、タンパク質の新たな選択肢である大豆ミートを積極的に食生活に取り入れたいもの。...

記事一覧 · 2021/11/30
クリスマスの食卓に相応しい華やかなフォカッチャ(平らなパン)を親子で手作りしませんか。フォカッチャ生地をキャンパスに、絵を描くように野菜をフォカッチャの生地にならべます。...
記事一覧 · 2021/11/15
スマートライフのライター研修会で、日本の食生活研究家でありエッセイストである魚柄仁之助さんのお話を伺いました。私にとって魚柄さんの著書「ひと月9000円の快適食生活」は、25年前からの愛読書、台所仕事のバイブルです。...

残さず食べる工夫のお店
記事一覧 · 2021/09/29
近頃、外食をした際に食べきれなかったものを持ち帰るように容器を提供してくれる店が増えてきました。...
記事一覧 · 2021/06/28
週に一度は、冷蔵庫のリセットのため、残っている野菜を使い切って具だくさんの野菜スープを作ってみませんか。 このスープは他の料理何品にもリメイクできるようにシンプルな味付です。 リメイクの際は、汁と具を分けて使うのがポイントで、分けることで料理のバリエーションが広がります。...

さらに表示する